当院で治療可能な患者さん

原則として15歳以上、精神科、心療内科領域で扱う疾患をお持ちの患者さん、様々な悩み事をお持ちの方であればすべて診察、必要に応じて治療を行います。院長松本は英語での診療を行っており、多くの外国人患者さんも通院されています。入院ベッドはありませんので入院が必要な方には近隣の精神科病院(多数連携病院があります)をご紹介いたします。当院では身体疾患の有無についても注意を払っておりますので、そのような場合は適切な診療科、クリニックを紹介できるシステムになっています。クリニックが入居しているビルには脳神経外科、耳鼻咽喉科、内科、透析、婦人科のクリニックがあり便利です。薬局は5階にひとつあります。また、当院は市立札幌病院の連携医療機関に認定されております。他院から転院をご希望の場合は、原則紹介状があると便利ですが、どうしても難しい場合はなくても対応可能な場合があります。